僕はこんなことを考えている はてな出張版

運営しているエッセイサイトのはてな出張版です。軽い読み物なのでお茶請け程度にいかがでしょうか?

笑って☺娯楽映画

映画評:神様メール

きっかっけがあれば自らを変えたいと思っているという事なのかも知れない movie.walkerplus.com 探していたものがなくなったときに「ないないの神様」にお願いすると探し物を見つけてくれるという話を聞いたことがある。随分小さな願いにいちいち対応してく…

映画評:ステキな金縛り

裁判という舞台が持つ特有の苦味がなくなり、コミカルな人間模様の場にすり替わっていく面白さがあった movie.walkerplus.com 裁判の一般傍聴が一時期流行っていたようで、そういう文庫本がよく出ていた。インターネットでも裁判の傍聴記録を刻々とやってお…

映画評:ビッグ・リボウスキ

こだわりはその人の精神上の交通整備なのかもしれない movie.walkerplus.com 昔の新聞の投書で、何にでも名前を描くお父さんの話があった。例えばストーブの裏とかに「〇月〇日 父35歳 母32歳 値段1万円 気温6度」みたいなことをびっしりと書くらしく…

映画評:なくもんか

movie.walkerplus.com 副題:不幸の中で、どこに光を見つけるかは、その人の選ぶ道次第である 家が貧しく、勉強もスポーツも何をやってもうまくいかない。生んだ親を数千と恨み、学校の先生には名指しで馬鹿にされ、友達も自分の存在なんか気にもしない。ふ…

映画評:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 

movie.walkerplus.com 映画評:大掛かりな自虐映画 こんな小話がある。「君は何かというと金のことを口にするが、世の中には金で買えないものがある。君を信じる純真な友は金では買えないだろう」 それに対し、男は答える。 「確かに金では買えないが売るの…